ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ 「とあきの365日(歩)?のマーチ!」

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

カテゴリー「香りの話」のエントリー一覧

2013/05/01

調香

カテゴリー:香りの話

こんにちは、Toaki です。
GWの半ばお仕事の人もそのまま長期の休暇を取っている人も (羨ましいです) いかがお過ごしでしょうか?

香り。
この香り程、好き嫌いが激しいものはございません。
柑橘系、フラワー系、樹木系、グリーン系?あとは何だ??? (笑) などなど沢山ございます。
今日はその香りを扱っている香料会社さまが来社されました。調香士にお会いするのは初めて!何だかワクワクしちゃいました。

香りって好きなもの同士を組み合わせても良い香りに仕上がるとは限らないそうです。
香水では、 「トップノート → ミドルノート → ラストノート」 と変化が明確なものが好まれますが、アメリカ合衆国では逆にほとんど変化のしないものが好まれる傾向だそうですよ。 (ちなみに私も変化しない方が好きです)
原料となる精油でも時間につれて香りが変化します。 (香りが弱くなる)
ブレンドだと最後にどの香りが残っていくのかを見極めながら香りを決定するしかありません。
香りって、その人が一番欲しているものを選ぶ傾向があるそうですよ。
その日の気分によってお部屋のアロマの香りと変えたりってありますものね。
でも私は同じ香りで通すタイプです。気分によらず同じ香り派です。
皆さんはいかがですか?

そうそう、思い出しました! (笑)
社長がとある香りのスプレーを持って帰ってきました。
数名に香りを嗅ぎ好き嫌いがハッキリ分かれたのです。
嫌いと言ったのは私だけ (^_^;)
その香りは女性ホルモンが関係しているらしく、 「好き」 と言った人は女性ホルモンが不足。 「嫌い」 と言った私は女性ホルモンが十分に足りていると言われ皆で爆笑した覚えが・・・。
他人から見たワタクシは女性!っていう印象だそうです。← 間違いなく女性なんですけどね(笑)

Toaki

2012/08/17

アロマの力を借りてみる。

カテゴリー:香りの話

夏=暑い=常識=それでもこの暑さどうなの?=しょうがない=あきらめるか(笑)

夏は暑いものですね。
暑くてもいいのです、湿度さえ低ければいいのです。
カラッとしていればいいのです。
しかしここは日本、しょうがないか (^_^;)

こう暑いと体調も崩れます。
わたくしも冷房の寝冷えでお腹を壊したり・・・
そういうトラブルによくアロマを使います。

寝苦しい夜には・・・

【ぐっすり芳香浴】
材料:オレンジ・スイート (2滴)、ラベンダー (2滴)、サンダルウッド (1滴)
道具:アロマオイルウォーマーなどの芳香拡散器
使い方:上記の精油をブレンドしたものを芳香拡散器で部屋に拡散させ、深呼吸をします。体全体を休めるようにします。

【不眠症バスアロマ】
材料:オレンジ・スイート (3滴)、サンダルウッド (1滴)、ローズウッド (1滴)
使い方:40℃程度のぬるめのお湯に上記の精油を加え、よくかき混ぜてから入浴します。ぬるま湯のお湯にゆっくり入ることにより、心と体が休まります。

【日焼けクールダウンローション】
材料:ラベンダー (4滴)、カモマイル・ジャーマン (1滴)、精製水 (45ml)、グリセリン (5ml)
道具:ビーカー・ガラス棒 (混ぜるための容器です) 、遮光スプレー容器(50ml)
作り方:
① ビーカーにグリセリンを入れます。
② 精油を加えてガラス棒で混ぜます。
③ 精製水を加えてガラス棒でさらによく混ぜ、容器に移してよく振ります。
ラベルを作り作った日付を記入しておけば便利です。
ほてった体にスプレーして使います。
注意:パッチテスト (手などで試してから) を行ってから使用しましょう。使用する前はよく振ってくださいね。
ちなみに使用期限は、冷暗所で約1~2週間です。
一度試してみて下さい (*^_^*)

Toaki

2012/04/04

香で女性ホルモンの多さが分かるの?

カテゴリー:香りの話

みなさま、こんにちは。
昨日の猛烈な雨・風は大丈夫でしたでしょうか?備えあれば・・・といいますが我が社もベランダの植物たちが四方八方に飛ばぬよう非難させていました。
ベランダの日よけスクリーンもパタパタ言わぬよう紐で結び被害はなし。そんな日に私は講義を聞きに学校にへ。 (火・木仕事帰りに学校に通っております)。
いや~すごい風の中、傘を折らないよう最新の注意を払っていたら危うく車に引かれるところでした。サイレント共に病院送りになってましたよ・・・。昨日ほどレインコートが欲しいと思ったことはありません。でも買いませんけどね(笑)

話題は変わりますが先日、面白いことに気づきました。
とある会社様の商品開発に関わっているのですが、そこで発売予定の化粧水 (スプレータイプ) の試作品の香りをチェックしていた時のこと。
三種類あって、そのうち一種類は日本にはじめて入った原料の香りだったのです。その一本がどうにも私が苦手な香り。私以外に何人かに香りを嗅いでもらいコメントをもらったのですが苦手だと言ったのは私だけ。
「なんで私だけ?」 と思いつつ、 「これも好き嫌いの違いだよね」 と簡単に済ませてみたのですが、どうも違っていたみたいなのです。
この香りが苦手 (もしくは嫌い) と感じる人は女性ホルモンがたくさんある人だと言われ、社内は爆笑。苦手 (嫌い) と感じなかった人は女性ホルモンが足りないそうです(苦笑)
っていいますか、私はそんなに女性ホルモンがプンプンなのか~?そうなのか~?誰か教えて~! (← 正面の席でその通りとうなずいている人間若干一名)
そういえば、よく言われる 「女らしい」って。 (← いやいや元々女ですから) それもセレブっぽいって (←いやいや 庶民ですから)
どうでもいい内容でしたが、香ってある意味、色々なバロメーターにもなるんだなと勉強になりました。
是非とも発売された際は、店頭で香りを嗅ぎご自分の女性ホルモンの占める割合を実感くださいませ。

Toaki

2011/07/15

香りの効用

カテゴリー:香りの話

外の気温はなんですか?
まるで人間を攻撃するかのような殺人的日差し。
そのうち火傷でもしそうな勢いでございます。

夏、
暑いのも嫌ですが、人が大勢集まる人混み (電車の中など) のニオイって気になりますよね。
気を使って香り付きの制汗剤や香水などを付けている方もたくさんおります。
香り、香料の効果についてご紹介します。

続きはこの先からどうぞ!

» 続きを読む

2011/06/03

梅雨の季節のニオイ対策

カテゴリー:香りの話

お久しぶりでございます、Toaki です。
梅雨入りしつつ、今日は太陽がちょっと覗いたりして雨の日よりは気分は晴れ晴れです。

この時期、気になるのが湿気。
ワタクシ、この湿気に非常に弱く体が怠くなります。
怠くなるというよりか 「ぐったり」 するとでも言いましょうか・・・。
そして次に気になるのが 「ニオイ」
雨の日が長く続くと洗濯物の部屋干しや (乾燥機もありますが) 部屋のニオイが気になります。
そういうときは市販のルームスプレーなども使いますが、アロマオイルを巧みに使って部屋等の香りをコントロールをするときもあります。

まずは、トイレのトイレットペーパー。
トイレットペーパーの芯の部分にアロマオイルを1~2滴たらします。
トイレを使用するたびにリラックスできる香りが漂って気持ちがいいのです。

次に重層の芳香剤。
重層にアロマオイルを混ぜて容器に入れ消臭剤として使う。
11/2 カップにアロマオイルを 5~10滴。
アロマオイルを混ぜてよくかき混ぜ、カラフルなカップ等に入れておけばオシャレな消臭剤として活躍できます。
(参考:ゼニウム 5滴、ユーカリ10滴)

カーペットの掃除&消臭
上記と同じく重層にアロマオイル混ぜもので絨毯のお掃除。
殺菌効果のあるアロマオイルを選びます(ペパーミント、レモングラスなど)
重層1/2カップにアロマオイルを10滴を加えよく混ぜる。
それをカーペットなどにまんべんなくまき、15分後に掃除機で吸い取ってください。
カーペットの繊維に入り込んだ汚れなどを吸着し、アロンオイルが嫌なニオイを消します。
ちなみにユーカリも抗菌効果があります。

市販の消臭剤も悪くはないですが、なかなか好みの香りに出会うことがありません。
だったら色々な種類、色々な効果のあるアロマオイルを巧みに使い生活の一部に取り入れるのも良いかもしれません。
湿気が多く憂鬱な季節、好きな香りで気分もリフレッシュはいかが?

Toaki

2010/11/08

纏う香り

カテゴリー:香りの話

香を纏う

素敵な言葉です

その人をあまり覚えていなくとも

香だけはしっかりと覚えていたり・・・

» 続きを読む

2018年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近のコメント