ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ 「とあきの365日(歩)?のマーチ!」

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

カテゴリー「未分類」のエントリー一覧

2014/08/12

夏のニオイ対策キャンペーン実施!

カテゴリー:未分類

毎日暑い日が続きますがお元気でらっしゃいますか?
各地では台風が猛威を振るい、局地的大雨や雷雨の被害も多くなっております。
皆さま、くれぐれもお気を付け下さいませ。

今年もやって参りました。
「夏のニオイ対策キャンペーン」を実施しております。
この夏の期間(9月末まで)にWBE SHOP にてご購入いただきましたお客様にもれなく「シークレットアロマ 1本」をプレゼントしております。
シークレットアロマはニオイ対策用のアロマスプレー。
「レモングラス」と「ローズウッド」の絶妙な配合の清々しい香りが嫌なニオイを退治してくれます。
女性の生理時のナプキン、又は普段使いのパンティーライナーに “シュシュ” とスプレー!
嫌なニオイは全て消え、爽やかなアロマの良い香りだけが香ってきます。
また、たばこの煙のニオイが髪の毛についた際も “シュシュ” っとスプレーで解消。
かなり万能なアロマ消臭スプレーになります。
今回のキャンペーンで是非ともお試し下さいませ。

まだまだ夏は終わりません。
皆さま、暑さと湿気に負けずに体調管理にお気を付け下さいませ。

Toaki

2013/12/17

静寂と空気感

カテゴリー:感性に触れる話, 未分類

寒くなりましたね。
冬だからしょうがないのですが・・・(苦笑)

私事ですが、若いころから神社まわりが好き。
何が好きかって?それは鳥居をくぐった瞬間から空気が変わるところ。
そして静寂。

あれば本当に不思議で、あの感覚は言葉に表せない。
ふと「これと同じ感覚を知っている」と思ったのが海の中。
若い頃、相当数潜ってきた私ですが、何度潜っても海の中の静けさは一瞬「怖い」と思わせる。
自分の吐く息の音だけの世界。(海上をボートや船などが通るとエンジン音でうるさいけど・・・笑)
そういう静寂に遭遇するとすごく神経が研ぎ澄まされるのです。
五感をフルに使う(使わざる負えない)感覚。
私の場合は視覚ではなく、耳(音)を使おうとするみたいです。あと肌。
この肌が感じる感覚って結構敏感。
古代の人たちはきっとすべての五感を使って沢山のものを感じてきたのかなって思うと考え深い。

Toaki

2013/12/11

チャンスをつかむ!

カテゴリー:未分類

チャンスはどうやってやってくるのでしょう?
来るのを待っている人もいれば、自分からつかみに行く人もいるでしょう。

つかみ取りに行くか?行かないかの?の 「差」 なんだと思います。

「チャンスの神様は前髪しかない」という言葉があります。
Καιρός、ラテン文字転写:Kairos、ラテン語形:Caerus は、ギリシア語で「機会(チャンス)」を意味する καιρός を神格化した男性神です。
元は「刻む」という意味の動詞に由来しているようです。
キオスの悲劇作家イオーンによれば、ゼウスの末子とされ、カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられます。
後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されてます。
「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」という意味になります。

来るのを待っていても「チャンス」がやってきた瞬間、目の前をあっという間に通り過ぎ、掴もうとしてももう掴むことが出来ないということです。
一番やっかいなのは目の前に向かってきているのにも関わらず、掴むことを躊躇し、結果的に掴めず 「後悔」 だけが後に残るだけという悔しい思いをするだけになります。
24時間365日、アンテナを張っているのは大変だから無理ですが、できるだけ自分のアンテナを張るようにするように心がけています。 

Toaki

2013/09/19

秋の気配?

カテゴリー:お肌の話, 未分類

先週の台風の影響で被害がたくさん出ていますね。
早く元の生活に戻り、快適な生活はできるよう願っています。

今週は快晴な日々が続いています。
真夏ほど日差しは強くないですし、湿度も低くなっているのでしょうか。
少しは過ごしやすくなってきているようですね。
朝晩は一枚羽織らないと寒いくらいですから気を抜いて風邪を引かないようお気を付け下さい。

これからは 『夏の肌』 から 『秋の肌』 にチェンジする時期。
『夏の肌』 の疲れ (強い日差し、紫外線、エアコンによる感想など) をケアしないまま秋へ突入することは非常に危険なものです。
夏は暑いからといって化粧水だけで済ませてしまった方も多いはずです。
もしかすると、洗顔だけなんてなんて・・・思いあたる方もいるのではないでしょうか。
多くの紫外線を浴び、肌ダメージが残ったまま過ごしてしまうと、肌の変調トラブルも起こりやすくなってしまいます。
そのままの状態でさらに過酷な肌環境が待っている冬に突入してしまうと、老化現象が現れやすくなることも多々あります。
海や山など紫外線の強い場所に行っていないのに、うっすらとシミ・小ジワが出てきたり、肌がザラザラし、ごわついて固くなってしまったり、ファンデーションの色が合わないくらいくすんできてしまったり…こんな状態がある方は 『夏疲れ肌』 なのです。

» 続きを読む

2013/08/09

汗、汗、汗!

カテゴリー:未分類

昨夜のうだるような暑さ、そして日中の殺人的な日差し、からだが溶けそうな Toaki です。
寒いのは着こめばなんとかなりますが、暑いのはどうしようもない!
室内であれば冷房などきいているので涼しんですか、外出時は・・・ね(苦笑)

汗・・・

汗には 「良い汗と悪い汗」 があります。皆さんはその違いがわかりますか?
恒温動物の人間にとって、体温が急上昇したときにかく汗は必要なものです。
しかし汗の中には体温調整を効率よく行う汗と、流れるだけのムダ汗とがあるのです。

» 続きを読む

2013/06/15

冷え冷え~

カテゴリー:未分類

こんにちは。
我が社は上の階が屋上で、屋上のコンクリートにたまった熱が下の階のオフィスを熱攻撃を受けています (笑)
屋上緑化を心で願う Toaki です・・・。

今日は夏本番を控え、冷蔵による冷えについてお書きします。
女性にとっては 「冷え」 は大敵。
手足や腰などが極度に冷えてしまう冷え性は、女性に多いと言われます。寒い冬はもちろんのこと、冷え性の人は夏でも冷えてしまいます。
冷えの原因のひとつは、体内で作られる熱=体温が、体中にうまくいきわたらないため。ちょっとした工夫で冷えはずいぶん解消されます。

冷えるポイントは下記の通り。

1.熱生産が悪い(筋肉不足・栄養不足)
体温を作っているのは主に筋肉。熱生産の60%を筋肉がになっています。だから、運動不足や肥満で筋肉が少ないと、体温そのものが生産されなくなります。ダイエットや偏食で栄養が不足している場合も、熱が生産されず体温は低くなります。

2.熱運動が悪い(血流不足・滅駅不足)
心臓のポンプ力が弱かったり血がドロドロだと、血流が滞り熱が体のすみずみまで運搬されません。特に手足などの末端には熱が運ばれにくくなります。また、貧血だと体温を作り出すための酸素が不足するため低体温です。

3.体温コントロールが悪い(自律神経の乱れ)
気温の高低にかかわらず人間が体温を36℃前後に保てるのは、自律神経のおかげです。夏に汗をかくのも冬に手足が寒くなるのも、自律神経が体温 (特に体の中心部の体温) を一定に保とうと体をコントロールしているためです。そのため、ホルモンやストレスの影響を受けて自律神経が乱れると、体温調節ができずに冷えてしまいます。
女性は生理や妊娠、更年期などホルモンの変化が男性に比べて大きいため、自律神経が乱れやすく冷え性になりやすいと言われます。ストレスも自律神経を乱す大きな要因です。

これらを防ぐにはどうしたら良いのか?

◆食の改善
筋肉を作るたんぱく質、体内で糖質に変化してエネルギーのもととなる炭水化物、血行をよくしホルモン分泌を正常にするビタミンE (ナッツ類、うなぎ、青い魚など) 、糖質を燃やすのを助けるビタミンB (豚肉、レバー、いわし、まぐろ、卵、ほうれん草、納豆など) 、貧血を解消する鉄分 (ひじき、豚レバー、大豆、マグロなど )、体を温める香辛料などに効果があります。冷たいものや水分の摂り過ぎは体を冷やします。食べ過ぎで太るのも、冷えにはいけません。

◆着る物に気を付ける
首や足首、足裏からは熱が逃げやすいので、マフラーや靴下で保護しましょう。おなかを腹巻などで保温しておくと、その分の熱が末端にいきわたって冷えを防ぎます。ハイヒールやきつい下着など、体を締めつけるものは血行を悪くするので身につけるならなるべく短時間に。

◆運動はダブルの効果
ウォーキングやストレッチなどの運動は、やったその場で体がポカポカするだけでなく、運動でできた筋肉が熱を作り、温まりやすい体に改善してくれます。まずは腰掛けているときに足首を回すことを始めてみましょう。

◆お風呂、エアコン、ストレス
・お風呂が冷えにいいのは周知のこと。40℃くらいのぬるめのお湯で半身浴、お湯につかって冷たい水をあびる交互浴、足首から先だけ温める足湯など、とにかく体の表面ではなく 「血液」 を温めるつもりでじっくりつかります。そしてお風呂上りはすぐに靴下をはき、服を着て、末端からの熱の放出を防ぎます。
・エアコンを生活から排除するのは難しいことですが、温度をこまめに調節したり長時間あたらないように注意しましょう。なるべく自然の気温に近づけ、自律神経の体温調節能力を鍛えてください。
・家にいても外に出ても、現代人にストレスはつきもの。自律神経はストレスの影響を大きく受けます。リラックスする自分なりの方法を見つけて、ストレスを解消するのも大事なことです。

冷え対策は難しいことではありません。冷えでお困りの方はお試しください。

Toaki

2013/03/31

活用してみる①@ソーシャルメディア

カテゴリー:ビジネスの話, 未分類

まつたしてもブログ放置プレイ・・・すいません。
改めまして Toaki です(笑)

SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)
今やだれでも携帯(ガラケー)・スマフォを持っている時代。
昔は固定電話でした(笑)
そう指入れてガラガラ回すもの (知らない世代もいつのかな~?) から プッシュフォンまで。
私が学生の時代なんてメールなんぞはなかった!(笑)
用があれば家の電話!もしくは外で公衆電話?(親に聞かれたくない話とか)
いまや片手で電話せずに要件を伝え、いつでもなんでも伝えられる事ができる時代 (すごいオバサン状態で語っています)
個人的に使っている人がたくさんいるのだから、企業も使っている会社さんも多いですよね。
ウェブ広告はたくさんありますが、ソーシャルサービスを使っている企業さんも多いのではないでしょうか?

ソーシャルサービスをうまく活用できるよう目的をはっきり決めることが大切です。
SNSをどう運営し、そんな目的で行うかを社内で明確にして、その目的の達成できる運用が大切になりますね。

続きは次回へ・・・

Toaki

2012/11/05

好きなようにデザインする@人生

カテゴリー:未分類

『貴方の人生は貴方の思いどおりに変えられる。なぜなら貴方自身によってデザインされるのが貴方の人生だからだ』 by マーフィー

人生はつまらないものだ、私の (ぼくの) 人生なんて最悪だ・・・、

と、つぶやくのは自分の人生なのに他人任せにしているだけではないでしょうか?
うまくいかないとき、他人やほかのせいにしていたりするものです。でも結局は自分自身で選んだ結果。

「何をやるのも他人任せなんて」 てのも、たまにはいいかもしれませんが、大切な自分の人生、そろそろ自分自身でデザインしてみてはいかが?

白いキャンバスを自分の好きな色に塗り、自分のなりたい姿、行きたい場所、知り合いになりたい人、やりたいことなどを心の大きな大きな白いキャンバスに描いてみるのも楽しい。
さぁ~て、私もやってみようかな

Toaki

2012/06/29

海外旅行の必需品!

こんにちは。増田です。

もうすぐ、夏休み!
海外へ旅行にいかれる方も多いと思います。

今回は、忘れやすい海外旅行の必需品についてです。

第一に 『薬』 です。
風邪薬、鎮痛薬、胃薬、下痢止め薬は絶対押さえたいところ。
それとバンドエイド!必須アイテムです。
そして抗生物質とステロイドの両方入った軟膏を。
ちょっとした傷や、虫刺され、火傷、湿疹、かぶれなど皮膚のトラブルに広く使えるので便利です。※但し、水虫には使えません!薬局やドラッグストアでも置いています。 (ベトネベートN軟膏AS(第一三共ヘルスケア) 、 テラコートリル軟膏a (J&J) 、ドルマイ
コーチ軟膏 (ゼリア新薬工業)など) 行く場所によっては、虫よけスプレー、虫刺されの薬(ステロイド入りのものがおすすめ)も忘れずに。

ステロイドはコワイ薬と思われがちですが、短期間の使用で副作用はなく、皮膚疾患に一番よく効く薬です!
by 薬剤師:増田

第二に 『生理用品』
ピルでコントロールしていない限り、「生理はあたらないはず」は当てになりません。
環境の変化によるストレスで生理が早まるのは良くあること。
外国の使い慣れないナプキンやタンポンは、かぶれなどのトラブルを引き起こしやすいので、ぜひ使い慣れたものをお持ちください。

そして衛生面の良くない暑い地域に出かけられる方には
●「ウェットティッシュ」
何かととても便利です。
●『携帯用ビデ』
気温・湿度共に高い地域ではムレが強く、暑さによる睡眠不足が体力を奪い、ストレスも高いため、菌繁殖によるデリケートゾーンのトラブルが起こりがち。
不衛生な環境は水が汚れているので、ビデの使用用途のみならず、傷を負ったときや眼にゴミが入ったときなどに必要な清潔な水としても、携帯用ビデは困った時に本当に役立ちます。ぜひお持ちください。
備えあれば憂いなし!
楽しい旅行をお楽しみください。

masuda

2011/08/01

自分の体を過信するな!(反省文)

カテゴリー:未分類

今年二度目の夏風邪発症中のToaki です。
頼りない自分の体に 「喝~っ!」

そういえば・・・
小さいころからよく風邪はひいていたっけな(笑)
この歳になるまで(苦笑)大けがは全くなかった。
外でよく遊んでいた子だったので怪我しそうみ見えても怪我だけはなかったようです。

塀から落ちても (落ちる原因はあったのですが長くなるので説明しません。笑)、ジャングルギムから落ちても (外側でなく内側に落ちる)、吊り橋から落ちても (これは記憶にないが吊り橋の板と板との間に体がはまったらしい)

しかし・・・怪我はなし (自慢出来る内容ではありませんが・・・)

でも風邪だけはよく引いていたのです。
基本は鼻風邪。そう憂鬱になる鼻風邪。
扁桃腺が腫れるなんてまれ、熱もまれ。

でも今ではどうでしょう。
熱は出る (かなり高熱を出します)
気管支炎にはなる (最近は喉にきます)

加齢は 「こ・わ・い」 です!
これくらいなら大丈夫!だと思っていてもダメ。
体が言うことをきいてくれないーーーー!し、
治りも遅ーーーーい!
学生のころの自分の体をイメージしちゃいけませんね。
運動していても体力は少しづつ落ちていくもの・・・無理もダメ。自分の体を労わりつつ(笑)、そして体に堪えないくらい鍛えるが一番ですね。

しかし、こんなにも免疫が落ちているなんて・・・
こんな私に誰がした? ← わたしですね・・・( ̄ー ̄;
気を付けます。

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近のコメント