宮城 塩釜・松島 : ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ(記事一覧)

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2011/09/27

宮城 塩釜・松島

カテゴリー:個人的なつぶやき

こんにちは、Toaki です。
昨日といい、今日といい、肌寒い日ですね。
皆様は先週の三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
秋の行楽が本格的になり、あちこちに出掛ける方々も多くなる季節。
車の運転等は十分にお気を付け下さい。
今週の木・金・土はどうも暑くなるようですが・・・(苦笑)

先週末、宮城の松島に行ってきました。

仙台乗り換えでまず本塩釜へ。
松島行きのフェリーに乗るためです。
その前に腹ごしらえ(笑)をしにお寿司やさんへ行ったのですが、どうも町の様子がおかしい。
家やお店の前には家具や畳が並んでいるではないですか。
随分と引っ越しが多いなと思いながら目指すお寿司屋さんにつくやいなやその理由が分かりました。
先日の大型台風の大雨の影響で床上浸水の建物が沢山でたそうです。
塩釜も東北大地震の際には数メートルの津波の影響で浸水。
地盤沈下もひどかったそうです。
歩道にいたお店の方が言っておりました 「震災後やっと自宅を直しこれからだというのにまたこれだ(大雨での浸水)」 と。二度目になると精神的に参ってしまう気持ちが痛いほど伝わってきました。
目指すお寿司屋さんも浸水し畳を外に出し乾かしておりました。勿論、営業はしておりません。
仕方なく違うお寿司屋さんへ。

お寿司屋さん曰く、二日目くらいまでは全く動くことが出来ず、モノも入ってこない状態が続き大変だとお話していました。
ただ三日目からは何らかの情報やモノが少しずつ動き始め復興、復旧に向けて皆が頑張ったとのこと。
震災で経験し、どうすればそういう事態に陥った時に何をするべきかを身に付けることができたそうです。
やはり水をもらいに行く、モノをもらいに行く際は徒歩では無理、やはり車は必要になったとのこと。
あと、災害等の備えで最低3日間の食糧と水の用意。
自宅がダメになった際に備え、近くに住んでいる友人等 (3人くらい) でそれぞれ同じよう備蓄品を持っていると自分のところがダメになった時に、その友人宅で助け合えるような備えをしておくと良いそうです。
そしてよく通販で売っているような引き出しの家具 (プラスティック) に引き出しごとに三日間の衣服、食糧、防災グッズ等を分けて入れておけばいざという時に使えると。
あとガスコンロ (コンロも3本くらい) 、圧力鍋 (小さなもの) 少ない燃料で水や食事が作れるから便利だそうです。
あとガスコンロでつける照明。
基本、アウトドア商品を揃えておくと便利なようです。アウトドア商品は限られたもので最低限のことが出来る商品が多いから便利ですよ。
ワタクシも備蓄品などの見直しにかかろうっと!

忘れておりました、そこのお寿司屋さんは本塩釜にある 「鮨のしおがま」 さんです。
前日が台風で水揚げも少ない中、あるネタでとても美味しいおつまみやお寿司を握っていただきました。まぐろは最高で、あとクジラの赤身とトロの部分も戴いたのですがこれが最高に美味しい!臭みは全くなし!最高のお味でした。
苦手なひかりものもレモンの香りがして全く抵抗なし。また行きたいな~・・・。

次にフェリーに乗り松島へ。
伊達家の菩提寺でのある瑞厳寺のある場所です。
ここも 3.11 に津波の被害に遭いました。
宿泊したホテルでは約2メートル浸水したそうです。破壊された建物は復旧したもの、手つかずにそのままの建物とはっきりと分かれておりました。
何事もなかったように夕陽でキラキラと光っている海の綺麗さ・・・複雑な思いでした。

トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

«  |  »

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近のコメント