閉経後の膣の話 : ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ(記事一覧)

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2011/09/01

閉経後の膣の話

こんにちは 増田です。

本日は「閉経後の膣」の話をさせていただきます。

閉経後のからだの3大変化
1.更年期障害
2.骨量の低下
3.膣のトラブル

1.2 はよく知られていますが、3も大問題!
閉経後、女性ホルモンが低下すると、膣は、分泌物が減り(濡れなくなり)、善玉菌が減り、徐々に膣壁の厚さが薄くなってきます。 (詳しいメカニズムは、ブログ「老人性膣炎・萎縮性膣炎と膣洗浄」へ)

●分泌物 (おりもの等) の減少
分泌液が減ると、膣内は乾燥します。SEXの時も以前のように濡れません。
性交痛を感じたら、それは久しぶりだからでも、愛が冷めたからでもありません。からだの変化です。
次のSEXにはパートナーにからだの変化を伝え、潤滑ゼリーを活用ください。潤滑ゼリーは、女性にも男性にも違和感を与えるものではありませんので、ご安心を。
性交痛をガマンしてSEXし続けると、膣壁が炎症を起こしてしまいますので、途中で潤いが足りないなと思ったら、ゼリーを追加してくださいね。
潤滑ゼリーはネットや薬局 (コンドームの棚や、膣炎の薬のあたりに置いてあります) で購入できます。主成分が高分子ポリマーではない、グリセリンなどからだに優しいものをお勧めします。
SEXの後には膣洗浄で、膣の中を洗い流し、清潔にリセットしておきましょう。

●善玉菌の減少
これは本当に大問題!
膣の中には、膣乳酸かん菌という善玉菌が住みついています。この菌は膣壁から出る栄養を分解して乳酸を作り、膣の中を酸性に保つことにより、他の微生物 (悪玉菌) が繁殖するのを防いでいます (自浄作用)
この菌が減ると・・・当然、悪玉菌が繁殖しやすくなります。
悪玉菌といっても、自分の腸や皮膚などに普通に住んでいる常在菌の大腸菌や、ブドウ球菌、連鎖球菌などの一般細菌が、ところ変わって悪役になっているだけなので、避け切るのは困難!これらの菌の繁殖により起こる痒みなどの炎症を細菌性膣炎といい (これらの菌は膀胱で繫殖すると、膀胱炎を起こします) 、常在菌のなかでも、カンジタ菌の繁殖によるものをカンジタ膣炎といいます。

陰部を不潔にしている、下着を何日も取り換えない、きついガードルで陰部が長時間蒸れる、などの物理的な刺激があると悪玉菌が膣に入り易くなります (尿漏れパッドの着けっぱなしにも注意!)
また、疲労、ストレス、体調不良、抗生物質やホルモン剤の使用、などは善玉菌がさらに減る原因となります。
つまり・・・閉経後は誰でも若い時より膣トラブルが起きやすくなっているのです。
陰部のかゆみ、膣のかゆみ、普段と違うおりもの等には、早期対応! 悪玉菌が大繁殖する前に、膣洗浄して、陰部を清潔に風通し良く保ち、膣内環境をリセットしましょう。

●膣壁の厚さが薄くなる
これは、お肌が薄くなるのと同じで、止められない自然現象。
薄くなるスピードには個人差がありますが、だんだん膣の機能が落ちていきます。薄くなってくると、分泌物がさらに減り、自浄作用も下がり、膣のヒダが減り、乾燥して膣が弾力を失っていきます。
乾燥して弾力のなくなった膣は、傷つきやすくなります。
乾燥感や痛み、出血などがある場合は、婦人科へ相談ください。女性ホルモンを補充することで、短期間で症状が改善されます。

閉経後の膣はケアが大切なのです!

膣洗浄器 (携帯用ビデ) についてはこちら

トラックバックURL

コメント & トラックバック

[...] かっている時もおりものの質やニオイが変わります。閉経後は、おりものの量が減ることにより、膣トラブルが発生しやすくなります。 おりものは女性の体調管理の大切なバロメーターな [...]

55才閉経6年です。長文ですいません、今年の2月初めに歩くと膣の表面が目にゴミでも入ったようなコロコロした痛みがあり長く歩けなくなり婦人科に受診しました、顕微鏡でカンジタ菌や雑菌の検査して貰い雑菌が居て萎縮性の雑菌膣炎で、フェナゾール軟膏は処方されて痛い時やかゆみがある所に膣にも塗って構わないとの事でした。(ちなみにカンジタ菌はいませんでした)エストリオール膣錠と、ハイセン100を6日間受診して先生に入れて貰い7日めに雑菌の検査したら雑菌も萎縮も良くなってるので終りになりましたがハイセン膣錠を入れ出してから陰部の後ろの方が徐々にやけどしたみたいに痛く座るのも歩くのも難儀しました。カガミで見ると陰部のうち側が赤くなってたので最後の受診の時先生に伝えましたが、そんな強い薬使ってませんで終わりました、治療がおわり2日後位から膣が白く漂白されたような色になり4日位で元の色に戻り、その間不安でした。それからかゆみがで出して受診してカンジタ菌の検査したらカンジタ菌になって、2週間洗浄とカンジタ菌の膣錠の治療しました。あれから3ヶ月後ですが2週間前にプールでウォーキングしてから陰部が痛く同じ婦人科に受診して又萎縮性雑菌膣炎で治療始まリ6日間同じ膣錠二種類入れて貰い、同じようにハイセンの方で陰部がヤケドしたみたいに痛みだし治療中何度か伝えたのですが、治療おわりの時もう一度聴いたら皮ふが過敏になってるんでしょう、フェナゾール軟膏塗ってたら治りますの事でした、ちなみに今回もカンジタ菌はいませんでしたが、2日位で膣の表面が白く漂白された用になってます。又日にち開いてカンジタ菌になるんじゃないか不安です、ハイセン膣錠でこのような副作用あるんでしょうか?どなたか経験された方教えて下さい。

はなさま

ハイセチン膣錠は、クロラムフェニコールという抗生物質の膣錠です。
副作用に主な副作用として、発疹、そう痒、局所の発赤、局所のびらん、局所の刺激、接触性皮膚炎があり、はなさんの症状はあきらかに薬の副作用と思われます。
ハイセチン膣錠は、細菌性膣炎の治療に用いられますが、耐性を持つ菌も多く、常在菌を死滅させるため、菌交代現象が起こることがあります。
これは、良い菌も殺してしまうため、クロラムフェニコールで死滅しないカンジダなどが異常繁殖してしまう現象です。
はなさんの症状は、この菌交代現象と思われます。
今後、痒くなったときは、早めにペンギンエージーで腟洗浄してみてください。
改善せずに病院を受診されるときには、ハイセチン膣錠で副作用が出ることを医
師に伝え、別の治療をお受けになることをお勧めいたします。

masuda

toaki様
ご親切に教えて頂き有難う御座います。
先生はその様な症状が出る強い薬は使ってませんと、内診中におっしゃるので、ちなみに3月の時も同じ症状が出てると
お話ししたのですが今回も同じ治療されました。3月の時はカンジタ菌にすぐになりました。今回は今週月曜日に通院終わりましたが今の所痒みは無く膣の表面色がぬけたような感じのが朝鏡で見たら元の色に戻ってました。やはり、さん4日かかり戻るんですね~陰部の痛みも楽になって来ました。抗生物がは怖くなりました。私の主治医は約2週間洗浄とカンジタ菌の膣錠入れて貰いに通院してからカンジタ菌が居なくなったか検査して大丈夫なら治療終わりなんですが、
お友達は五日位カンジタ菌の膣錠と、軟膏貰ったらそれでお終いよと聞きましたが、どちらが良いんでしょうね~
それと閉経になって3年位立った頃から長く歩いたりすると膣の表面が擦れたような痛みが出るときあります。
下着やGパンやらでこすれるんだと思い主治医に話すと膣が下りこすれるんだと、膣を閉める運動しなさいと言われ頑張ってますが、この様な話しは友達にも話せません、年をとるとこのような事も誰にでもある事でしょうか?ちなみに私は更年期の症状いろいろと出てます、この様な質問で申し訳ありませんm(_ _;)m

はなさま

治療方針は、Dr.によって異なるので、どちらが良いということは出来ませんが、話をよく聞いて下さるDr.を選ばれることが良いように思います。
加齢とともに、腹筋や股の筋肉が弱くなってくるために、膣や子宮が下がって来ることはあります。
気がついた時に、お尻の穴をキュッと閉める運動を取り入れられると良いですよ。

masuda

お返事ありがとうございます

初めて相談します。
56歳です。
4年前に子宮摘出しました。
おそらく閉経してると思います。
4月19日に性交渉した時に出血しました。
性交の時は痛みはありませんでした。
その後、水っぽいおりものみたいなのが大量に出て、26日に産婦人科を受診。
膣は入口のところから真っ赤。
ただ悪い細菌てはなくただの炎症とのこと。
1週間程度で治るでしょうと診断され、2週間経っても治らなければまた受診して下さいとのことでした。
今日で、2週間経ちました。
おりものは殆どなくなりましたが、一日に一回膣の奥が痒くなってきて、その時はおりものが少し増えます。
そしてその状態の時排便でいきむと少し出血します。
まだ完全に治っていないのでしょうか?
また受診した方がいいのでしょうか?
26日に診てもらった時膣の中にお薬を入れて頂きました。
良くならなければホルモン治療も必要かなって言ってみえました。
よろしくお願いします。

まる様

おそらく、まだ炎症が治まっていないのだと思われます。
痒みの範囲が広がる、または痒みの頻度が増える、出血が増えるようでしたら、再診をお勧めします。
数日、様子を見られてください。

masuda

49才閉経後2年です。1年ほど前からホットフラッシュの症状があります。近頃はあらゆるところが痒く、顔や脇がアトピーのようにかさかさになっています。一番の悩みは膣が痒い。痒くて痒くて、イライラするし何も手に付かず、眠れません。婦人科でカンジタとの診断。腟内に挿入する薬と、塗り薬の処方。薬を挿入して3日たちますが、なかなか改善しません。治癒には何日くらいかかりますか?また、乳頭も痒くて、掻きすぎて体液が出ています。カンジタが乳頭で発症することがありますか?

りえさま

膣カンジダの症状緩和には個人差がありますが、1週間ほど様子を見られても良いかと思います。
それよりも、まず全身の痒みの治療のために痒み止めの内服薬を使われたほうが良いです。
更年期障害と関連がありそうなので、婦人科で合わせてご相談なさってはいかがでしょうか。

masuda

はじめまして。48歳です。36歳高齢出産後から現在までセックスレスで、42歳ごろには閉経しました。(実母は45歳で閉経。遺伝性はないと聞くが・・・)
更年期の症状はほとんどなかったのですが、早期閉経なのでデュファストン・エストラーナテープのホルモン補充治療もしてはみましたが、生理のわずらわしさや体重増加も気になり、継続していませんでした。
ここ2~3年、陰部の掻痒、ヒリヒリ感、トイレの回数が増え、尿もチョロチョロ出る、記憶力の低下が酷くなってきました。使用すると陰部の症状はなくなってくるので継続する方がいいのでしょうが、体は反対にしんどくなったりするので、現在は陰部の不快な症状が酷い時に使用する感じです。
質問です。早期に性的刺激がないと早期閉経してしまうものなのでしょうか?
また、閉経に伴う骨粗しょう症・アルツハイマーなどの関連からもホルモン補充治療は必要なのでしょうか?
どれくらいの期間まで?
ホルモン補充は陰部の症状がつらい時使ったり、辞めたり、自分の体調で使用したりやめたりしてもいいのでしょうか?

おばママ様
現在、病院へ行かれてますでしょうか?
女性ホルモン剤は、陰部の不快感などの対症療法として使われるために、その頻度等は医師の診断でなされます。
また、骨粗鬆症などの予防のためにも用いますが、こちらも現在の状況(検査結果)を踏まえて処方されます。
もし、しばらく受診されていないようでしたら、まず一度受診されて検査等をなさることをお勧めします。
閉経の時期は体質によるところが大きいですが、性的刺激は脳を介して(出産準備のために)卵巣を刺激します。
この性的刺激は、SEXなどの肉体的刺激のみならず、お化粧やおしゃれや立ち振る舞い、会話に至るまで異性の気を引くための行動のすべてが脳への刺激となり、更年期障害を緩和する効果があります。
あまりご質問の回答になっておりませんが、参考になればと存じます。

masuda

«  |  »

2018年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近のコメント