ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ 「とあきの365日(歩)?のマーチ!」

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

カテゴリー「お肌の話」のエントリー一覧

2013/09/19

秋の気配?

カテゴリー:お肌の話, 未分類

先週の台風の影響で被害がたくさん出ていますね。
早く元の生活に戻り、快適な生活はできるよう願っています。

今週は快晴な日々が続いています。
真夏ほど日差しは強くないですし、湿度も低くなっているのでしょうか。
少しは過ごしやすくなってきているようですね。
朝晩は一枚羽織らないと寒いくらいですから気を抜いて風邪を引かないようお気を付け下さい。

これからは 『夏の肌』 から 『秋の肌』 にチェンジする時期。
『夏の肌』 の疲れ (強い日差し、紫外線、エアコンによる感想など) をケアしないまま秋へ突入することは非常に危険なものです。
夏は暑いからといって化粧水だけで済ませてしまった方も多いはずです。
もしかすると、洗顔だけなんてなんて・・・思いあたる方もいるのではないでしょうか。
多くの紫外線を浴び、肌ダメージが残ったまま過ごしてしまうと、肌の変調トラブルも起こりやすくなってしまいます。
そのままの状態でさらに過酷な肌環境が待っている冬に突入してしまうと、老化現象が現れやすくなることも多々あります。
海や山など紫外線の強い場所に行っていないのに、うっすらとシミ・小ジワが出てきたり、肌がザラザラし、ごわついて固くなってしまったり、ファンデーションの色が合わないくらいくすんできてしまったり…こんな状態がある方は 『夏疲れ肌』 なのです。

» 続きを読む

2013/07/19

肌の白さ=美しさ

カテゴリー:お肌の話

こんにちは。
急に激しい雨が降る、地球はどうなってしまっているのでしょう・・・心配。

今朝の朝日新聞に 「美白」 に関しての記事がありました。
美白商品の回収騒件も含め日本人は美白に敏感でもあるし、美白好き。
今回の回収で使っていて問題ない人もたくさんいます。そういう人たち約10万人を超す人からの問合せが某化粧品会社に殺到したそうです。
自分は問題なく使っていた人は回収騒ぎで使えなくなってしまったので困っている。
「私は代わりに何を使えば良いのか?」 それほど美白化粧品のニーズが高いとうわけです。

そして日本は昔から美白、色白というキーワードが大好き。
日本の美白の歴史は文字のはじまりと同じくらい古いとも言われています。
記事には「日本書紀には、自分の妻を美人だと自慢するのに、おしろいで化粧をする必要がないくらいの肌」と色白の肌をめでる趣旨の表現があるそうです。
あと、色白は 「七難隠す」 とも言われてきたくらい。
本当の意味での色白は色だけでなく、シワやシミがなく潤いがある肌の完璧さを示すのだそうです。
透明感のある肌ってたしかに綺麗ですよね。
これだけ大きな回収問題が起きた今でも美白関連の化粧品を求める女性は多く、次の商品を求めているもの現実なんですよね。

基本美白化粧品はあくまでもメラニン色素を抑えるという働きで、予防するものと考え方がいいでしょうね。
回収された化粧品はそれだけ効果が高かった (高すぎた )ということでもあるんでしょうね。

風邪を引かれている人は多いようです。
暑いからと言って冷たいモノ、冷蔵温度を下げている人はお気を付け下さいね。
時には扇風機一台で汗をかくのもいいですよ。しかし、部屋の温度が危険温度にならぬようあわせてお気を付け下さい。

Toaki

2010/11/16

体重×0.08=皮膚の重さ

カテゴリー:お肌の話

こんにちは!ウービィー株式会社のToakiです。
今日はよいお天気ですが、寒くなってきましたね~。
この季節、女性も男性もそうですが肌の乾燥が気になり始めます。
湿気の多い季節に比べ冬はどうしても乾燥する。
汗もそんなにかかないので肌表面の水分&油分が足りなくなる季節でもあります。
今日は知っているようで知らない皮膚のはなし。

みなさん、皮膚の重さって知ってます?
知らないですよね~ (笑) 知らないのは当たり目です。
皮膚は身体の全表面を覆っています。
内部の諸器官を外部からの刺激、衝撃から保護するとともに、独自の生理機能を持って身体全体の調和に関係している器官なんです。
その表面積は日本人の場合、成人で平均して1.6㎡ですが、これは両乳とおへそを結んだ三角形の表面積のおよそ7倍とされています。皮膚は薄いながらも、表面積が広いので体重の約8%にもあたり、内臓の中で最も重い肝臓の約3倍にもなる!
いわば、 「皮膚は身体の最大の器官」 ということでしょうか。

それでは皮膚の厚さはどうなのか?

皮膚は表皮、皮下組織に分けられます。
表皮と真皮をあわせた厚さは平均すると約2mm程度で、部位によって、0.6mm~3mmと異なり、均一ではないのです。
最も厚い場所って分かります?

そう足の裏!(笑)

次いで手のひら、手足の指の腹面。
顔や胸に比べ後頭部、うなじ、背中も厚くなっていますよ。
反対に最も薄いのが?まぶた (約0.6mmくらい) で、口や鼻の周囲も薄い。
頬、額も1.1mm~1.5mmと薄く、肛門、外陰部 (///∇//) の皮膚も薄くなっています。股や脇では、伸側 (外側) のほうが屈側 (内側) に比べ厚い。つまり、外的刺激が多くかかるところが厚く、顔面のように繊細な動きをする部分は薄くなっているのです。
↑ 顔の皮膚が足の裏並に厚かったら強張って笑えないよね・・・。

さあ、あなたの皮膚の重さはどれくらいでしたか?
わたしは・・・・(- -)zzzzz

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント