体重×0.08=皮膚の重さ : ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ(記事一覧)

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2010/11/16

体重×0.08=皮膚の重さ

カテゴリー:お肌の話

こんにちは!ウービィー株式会社のToakiです。
今日はよいお天気ですが、寒くなってきましたね~。
この季節、女性も男性もそうですが肌の乾燥が気になり始めます。
湿気の多い季節に比べ冬はどうしても乾燥する。
汗もそんなにかかないので肌表面の水分&油分が足りなくなる季節でもあります。
今日は知っているようで知らない皮膚のはなし。

みなさん、皮膚の重さって知ってます?
知らないですよね~ (笑) 知らないのは当たり目です。
皮膚は身体の全表面を覆っています。
内部の諸器官を外部からの刺激、衝撃から保護するとともに、独自の生理機能を持って身体全体の調和に関係している器官なんです。
その表面積は日本人の場合、成人で平均して1.6㎡ですが、これは両乳とおへそを結んだ三角形の表面積のおよそ7倍とされています。皮膚は薄いながらも、表面積が広いので体重の約8%にもあたり、内臓の中で最も重い肝臓の約3倍にもなる!
いわば、 「皮膚は身体の最大の器官」 ということでしょうか。

それでは皮膚の厚さはどうなのか?

皮膚は表皮、皮下組織に分けられます。
表皮と真皮をあわせた厚さは平均すると約2mm程度で、部位によって、0.6mm~3mmと異なり、均一ではないのです。
最も厚い場所って分かります?

そう足の裏!(笑)

次いで手のひら、手足の指の腹面。
顔や胸に比べ後頭部、うなじ、背中も厚くなっていますよ。
反対に最も薄いのが?まぶた (約0.6mmくらい) で、口や鼻の周囲も薄い。
頬、額も1.1mm~1.5mmと薄く、肛門、外陰部 (///∇//) の皮膚も薄くなっています。股や脇では、伸側 (外側) のほうが屈側 (内側) に比べ厚い。つまり、外的刺激が多くかかるところが厚く、顔面のように繊細な動きをする部分は薄くなっているのです。
↑ 顔の皮膚が足の裏並に厚かったら強張って笑えないよね・・・。

さあ、あなたの皮膚の重さはどれくらいでしたか?
わたしは・・・・(- -)zzzzz

トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

«  |  »

2018年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近のコメント