ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ 「とあきの365日(歩)?のマーチ!」

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2011年 10月のエントリー一覧

2011/10/25

カンジダ

こんにちは、増田です。
みなさん、カンジダって聞いたことありますか?
カンジダ菌という真菌 (カビ) が繁殖することで起こる症状で、膣や外陰部に起こるものを膣カンジダといいます。
我慢できないほどの痒みが特徴で、白いポロポロしたおりものが出ます。 (外陰部だけ痒く、おりものに変化がない場合は陰部湿疹の可能性が高いです。)

このカンジダ菌、実は口の中や膣の中に普段から住んでいる常在菌(じょうざいきん)で、どこからともなくやってくるものではありません。
腸の中に乳酸菌や大腸菌がいるように、顔の皮膚にアクネ菌がいるように、膣にはカンジダ菌がいるのです。
常在菌は人体が外界と接するほとんどすべての場所に生息しており、その数は100種類以上で100兆個以上!善玉菌も悪玉菌も多種多様な菌がバランスをとって生息しています。

膣のなかは普段、乳酸菌の一種である膣乳酸かん菌(デーデルラインかん菌)が最も多く生息し、膣内を酸性に保つことにより、他の菌が繁殖するのを抑えています。
これを膣の自浄作用と呼ぶのですが、膣乳酸かん菌が少なくなると、他の菌が繁殖し、カンジダ菌が増えると膣カンジダ、一般細菌(大腸菌など)が増えると細菌性膣炎を起こします。

膣乳酸かん菌が減り、膣内環境が悪化する原因としては・・・

・寝不足
・過労
・風邪などの体調不良
・偏食
など、体力・免疫力の低下

・糖尿病
・ホルモンバランスの崩れ
などの病気

・風邪などで処方される抗生物質の服用
抗生物質は悪い菌だけではなく、良い菌である膣乳酸かん菌も殺してしまいます。真菌 (カビ) であるカンジダ菌は影響を受けないため、繁殖しやすくなります。

・SEXなどの外部からの刺激などがあります。

女性の5人に1人は経験があるといわれる膣カンジダ。忙しい現代女性には、避けて通れないトラブルの一つといえるでしょう。
症状が現れたときには、まず、膣洗浄でカンジダ菌を洗い流し、膣内環境をリセット!食事や睡眠をしっかりとって免疫力を上げること!
外陰部の痒みが強く、薬を塗りたいときには、市販の痒み止めはNG。カンジダや水虫の治療薬(抗真菌剤)を使ってください。

カンジダはSEXでうつる性感染症(STD)とは違い、無理しすぎのサインです。繰り返す人は、ぜひ生活習慣を見直してくださいね。

まずは膣内洗浄をお勧めします。
女性が開発した携帯用ビデ「ペンギンAG」はこちらをご覧下さい。

masuda

2011/10/20

行きたい町@大内宿(福島県西会津)

カテゴリー:歴史・文化

今日も涼しい日でしたね。(昼間はちょこっと太陽出てたけど)
本格的に秋の気候になりつつあるのでしょうか?
昨夜は寒く、羽毛布団に毛布を足したらさすがに暑かった!
朝起きてみると毛布は足元に固まっておりました・・・。

いまワタクシが行きたい場所・・・
それは福井県の 「大内宿」
福島県会津の旧宿場で全長450メートルほどの街道に古い茅葺き屋根の屋敷が続いています。

何だか日本人として落ち着ける場所のような気がする・・・。

大内宿の冷歴史は、江戸時代に会津城下と下野 (しも)の国(日光今市) とを結ぶ会津西街道(別名:下野街道) の会津から2番目の宿駅として江戸時代初期の1640年頃に整備された宿場。
それより以前は1590年、伊達正宗の小田原参陣、同年の豊臣秀吉の奥羽仕置きで、この宿場を通行したという記録が残っています。そのあと、新しく会津中街道ができると、主な流通は中街道にシフト。
大内宿は宿駅としての賑わいが次第に失われ、この村の暮らしは 「半農半宿」 となりました。

1967年 (昭和42年)、会津茅職人の調査に訪れた武蔵野美術大学の相沢教授(当時学生)がこの地の旧宿場の町並みに強く惹かれ、保存の必要性を町( 当時は下郷町) に訴えたのでした。
時代はまさに高度成長期、町は賛成派と反対派との意見に二分されたのです。
しかし、相沢教授の熱心な説得と当時の大塚実町長が時間をかけて説得にあたり、1981年4月18日 (← ワタクシの誕生!西暦は違うよ。)に 「国認定・重要伝統建造群保存地域」 として指定を受けることになりました。

現在では年間約100万もの観光客が訪れるようになり、ほとんどの家ではお土産店やそば屋などの店にかわり、農家から観光業へと完全に切り替わっています。
また、この大切な村・宿場の景観を未来の子供たちに引き継いでいくために、住民憲章を作り 「売らない、貸さない、壊さない」 の3原則を守って景観の保存と伝統的な屋根葺きの技術習得・継承に町を挙げて取り組んでいるそうです。

いや~行きたいですね~。今年は無理そうなので来年に春から夏にかけて行ってみたいと思っております。

↑ これ 「ねきそば」 ねぎは箸であり薬味でもあるそうです。ねぎの辛さが喉にきそうな感じ・・・よね (笑)

Toaki

2011/10/19

命あっての人生だよ

カテゴリー:個人的なつぶやき

こんにちわ、Toaki です。
今日は肌寒いというか、お天気悪いですね。社内は靴を脱いで入るオフィスなので社内スリッパを冬仕様に変えました(笑)だって寒いんだもの・・・。

ここに面白い話があります。
古代神話です。
むかし、悪魔がある街に現れてこう言います。

「今日から、お前たちのものすべてを俺が奪い取ることにする。しかし、悪魔にも情けがある。たった一つだけ、お前たちが残してほしいものだけ見逃してやる。明日までに残してほしいものを一つだけ書き出せ。それ以外のものは一切、俺が奪い去るからな」と言い残して、悪魔がひとまず立ち去ったのでした。
さあ、町の人は当然、てんやわんや状態。

「私はお金だ」
「俺は食い物だ」
「私は家だ」
「いや私は名誉だ」← これものか???
「私は宝石よ」

とそれぞれ色々なものを書き出したわけです。
さあ~て、貴方ならどうするでしょう?何を書きますか?悪魔はたった一つしか見逃してくれない。
さて、一夜明けてみると、その町はなんんとたった一人の人間だけしか残っておりませんでした。
お分かりですか?
金だ、家だ、やれ宝石だ、何だと書いた人々はもっと肝心な 「命」 を忘れていたのですよ。たった一人だけが 「命」 と書いて生き残ったというお話です。

人生を関会えるとき、大きな誤りがあることがこの神話で教えられていると思いませんか?
金だ、家だ、仕事だ、名誉だ、愛だ、ってたしかにみな大切なものでがそれって命あってのもの。それ以外は人生の一部にしかない。
自分の人生をおごそかに考えてみると、まずは命があるということに感謝しなくてはなりませんね。

人生の一部が手に入った、入らなかった、で悩んでおりませんでしょうか・・・。

Toaki

2011/10/14

生理はなぜ毎月やってくる?

カテゴリー:健康・カラダの話

こんにちは、 killingmoon です。今日はよいお天気です。
今月の満月は牡羊座に入った満月、新しいことのはじまりを意味していました。
皆さまは何をスタ―トさせましたか?

今日は女性に毎月やってくる (個人の格差はあります) 月経について。

» 続きを読む

2011/10/12

目的はひとつ

カテゴリー:個人的なつぶやき

涼しい日ですね。
朝方は寒くクシャミ連発で起きた Toaki です (苦笑)
衣替えを早々にしてしまったのでここ数日は着るものもに困っております。
皆さんはまだ?衣替え。

今月の満月は10月12日午前11時05分~牡羊座に位置します。本日ですね。
牡羊座の満月は新しいことのはじまりです。新しいことが始まるときは、必ず終わりがあります。
満月は、その形のごとく、まるく完成を納められる時です。ちなみにワタクシ牡羊座 (笑)
今までの悪い習慣 (何だろう???) をスパっとやめ、自分らしくない新しい何かに挑戦するのも悪くないかもしうれません・・・。

人生の目的も仕事の目的のそうですが最初から手を広げすぎるのは問題。問題というより、大変です。
やりたいことは山ほどある (ワタクシもそう)、でも人生の中で出来ること(可能なこと)はきっといくつもない。

だから目的はひとつに絞るべし。
その一つを大切に、そして真剣に行っていけば周りに付随するものが自然と現れる。手を広げれば、広げるほど手からこぼれ落ちるものも多くなるから。

コンパクトに深く・・・(あまりにも深すぎると取れなくなるからご注意を!笑)

2011/10/11

美食の旅@小田原

カテゴリー:美味しい!

こんにちわ、Toaki です。
午前中は暑いな~と思っていたのですが、なんだか天候が悪くなってる???気温も落ちてきているような・・・。

みなさまは先週の三連休はどう過ごされたのでしょうか。ワタクシはあるお店の方に美味しいお店情報をいただき三連休に行って参りました。
場所は小田原(正確には早川とういう駅から徒歩すぐ)。
ロマンスカーに乗り約1時間の短い旅(笑)
その日のワタクシはどうも寝不足とお腹がすいていたせいか気分がすこぶる悪く
あやうく電車に酔いそうになりました。ぎりぎりセーフだったけど(苦笑)
いや~三連休とあって小田原駅の人混みはすごかった!
空腹でフラフラになりながらお店に到着。

お店の名前は 「イル・マーレ」イタリアンです。
小田原であがった新鮮な魚介類などシーフード中心のお店になります。
当日、ワタクシが注文したのはランチコース。平日は3500円~あるのですが土日祝日は5000円~になり、5000円のコースをチョイス。

まず最初の1品、前妻じゃなくて前菜の前に 「舞茸とあなごのフリッター」
フリッターの上には羊のチーズが削られてました。残念なことに写真を撮り忘れている私・・・。これすごく美味しかった。舞茸って味を主張するでしょ?でもその主張を感じることなく美味しく戴けました。

次は前菜。

新鮮なお魚を使ったサラダ。

パスタ

パスタソースはイカ、ブロッコリーを細かく切り、アクセントにミント(ミント嫌いには辛いかも)

メインのお魚料理

さいの目に切った野菜のソースは美味しい!

最後にデザート

右がミルクのアイスクリーム(濃いです)と左がレモンクリーム(これも濃い)。両方を一緒に食べると丁度良く戴けます。特にレモンのクリームは私好みで美味しかったな~。
クリーム系のデザートは好んで食べないのですが、これは美味しかったです。

※ 細かく料理の食材を聞いていたわけではないので何が使われてたか覚えておりません。すいません (>_<;)

お客様はご近所なのか?それともお店の評判を聞きつけた旅行者なのかわかりませんが、上品な奥様達でした。男性客はカップルで来ていたお客様ひとりだけでした。
そうだな~、フレンチは静かに食べてもいいのだけれど、イタリアンは陽気で明るく(多少、うるさく?)食べれる環境が好きだな~。

次回はディナーメニューにでも挑戦しようかな・・・。

Toaki

2011/10/06

経営者は料理人のごとく・・・

カテゴリー:個人的なつぶやき

昨日、米アップル社、元取締役会長のスティーブ・ジョブズ氏が死去されましたね。
偉大な業績と人気を誇った方の死、世界中に悲しみを与えているようです。
会社はもちろん、一人ひとりの社員の働きで動いておりますが、会社の根本的な経営はトップのサジ加減で良い方にも、悪い方にも転びます。
アップル社は本当に良いトップ、指導者を持っていたということです。
方針に納得できない誰かが社内にいたとしてもアップル社をあそこまで上り詰めさせたのは彼の経営方針の徹底さだったのでしょうか・・・。ご冥福をお祈りいたします。

サジ加減 (手腕)

これ、簡単そうですごく難しい。
料理でもサジ加減 (手腕) ひとつでとんでもない味になったり (よくやります!笑)、言葉ひとつにとっても致命的な失敗につながったり、加減ほどいい加減で、難しいものはないんじゃないかって思うほどです。

企業の経営者 (経営陣) もそうですね。
経営者(経営陣) の手腕ひとつで右に行ったり、左に行ったり、前に行ったり、後ろに逆戻りなんてことも あります。
会社という大皿料理を調理するのが経営者 (経営陣)。その調味料となるのが一生懸命働く社員一人ひとりの努力。味付けするのが経営者 (経営陣)。
その味付け、調理をうまくやるか、否かで評判の大皿料理になるか、それともマズイというレッテルの貼られるお店になるか決められてしまうのです。

さあ、あなたの会社のトップ (経営陣) の手腕はいかがですか?

Toaki

2011/10/05

金木犀に恋い焦がれ

カテゴリー:自然・季節

こんにちわ、Toaki です。
今日は涼しいというか、寒いというか・・・
皆様、急激な気温の変化で風邪などをひかぬように。

この季節、外を歩いていると 「金木犀」 の香りがします。

金木犀の香りが風に乗って漂う・・・

この金木犀の香りが好きです。
花の香りで薔薇と同じくらい好きな香り。

好きで、好きで、金木犀に恋しちゃうくらい好きな香り。
会社の建物の敷地内にある金木犀の木。枝を何本か切って社内に置いてますが思ったように香りはしませんね (苦笑)

風のって香る金木犀 好きだな~。

“風薫る 香つられて 恋い焦がれ” (お恥ずかしい俳句初心者の句でした・・・)

2011/10/03

大奥@明治座

カテゴリー:歴史・文化

日も快晴ですね。
先週末は自然に触れたいDayな気分だったので公園へ足を運びました。緑いっぱいでかなりリフレッシュな気分。
昨日は久しぶりに舞台観賞。
しかし、明治座の椅子は堅いですね~ (笑)休憩二回入る三部構成だったので座る時間が長かった (>_<) でもね、明治座自体は大きな会場ではないので舞台は良~く見えるのです。

実はテレビでも放送していた 「大奥」 の舞台を観に行ってきたのです。舞台は録画されているテレビとは違い、役者の息遣いや迫力などが肌で感じられるよい機会。
セリフ一つとってしても間違いは許されない (でも間違いはあるけれど・・・) 役者が一番緊張し気が引き締まる場でもあるのでしょうね。

まず舞台で目を引いたのが女性陣が身にまとう打掛の美しさ!
主役の松下由樹さん (春日局役 )や木村多江さん (お江与役) は舞台中、数十回の着替えがあり、それぞれ総額億の値段のするものを身に着けているわけです。
歩き方も (身のこなし) 美しくなければなりませんよね。日本の美しい技術の結晶のような打掛等を見ると身に着けてみたくなりますね、着物を。
和服を着ると大きな動きが出来ないので必然と小さな動きになってくる。
大股では歩けないから細かく足を運び、身のこなし全てをコンパクトに収めるのでとても清楚で綺麗な振る舞いになるのでしょうか。
和服を着て帯を締めると背筋は伸びるので姿勢がキレイ (猫背にはならないです。笑)
来年の年初めは和服でと思う今日この頃です(笑)

「大奥」 って知っているようで知らない事のほうが多いみたいですね。そして何より、大奥に関して書かれている書物が極端に少ないようです。

秘密の園 「大奥」 ・・・

大奥の原型を作ったのは元和四年 (1918年) に出された 「大奥法度」 とされますが、条文はわずかに5か条だということを初めて知りました。内容は以下の通り。

一、大奥の修理、清掃には天野孫兵衛・成瀬喜右衛門・松田六郎左衛門を伴うこと。

二、局(つぼね)から奥へは男子禁制。
↑ すでに男子禁制が記されてますね~。

三、奥女中は、御目見以上・以下ともに、門鑑 (通行証) なしで出入りすることを禁止。
↑ この三条では奥女中が勝手に外出したり、人を呼び寄せるころが禁止されていたそうです。

四、暮れ六ツ (日没) 以後の出入り禁止。もし急ぎ走り帰る女がいても返し出すこと。
↑ おお~門限があったのですね・・・。日没って早いわ・・・(苦笑)

五、厨房のことは前出の天野・成瀬・松田三人が昼夜交代で処理し、もし命令に背くものがいたら届け出ること。
↑ 上記、一、とこの五、には大奥の事務処理を行ったり、整備、監視する男の役人につながるような担当の者が決められ、彼らを通じて事案を処理することが定められていた。

実にシンプルな内容です。そのあとに、幾度も改定が行われ、享保六年 (1721年) 4月には、以後、幕末まで続く 「大奥法度」 が制定されたそうです。

それにしても、ある意味、女の園。
現代の様な派閥争いも女同士だからすごかったのでしょうね・・・考えるだけでも怖いです (笑)根っからの女好きだったらいいけど、そうでなく跡継ぎ (男子ね) を作るべく、子作りに励む将軍も気の毒に思えます・・・。

さあ、今の男性陣はどちらがいいんだろうね?側室なみの女性を与えられ 「跡継ぎ子供作れ~い!」 と日々言われるのか?好きな人をただ一筋でいいと思うのか?
根っからの女好きの男性は別よ (笑)

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近のコメント