ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ 「とあきの365日(歩)?のマーチ!」

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2010年 11月のエントリー一覧

2010/11/25

何が幸せなのか?

カテゴリー:個人的なつぶやき

みなさま、こんにちは Toaki です。
今年も残り一ヶ月、師走の忙しさでお疲れではないでしょうか?
わたくしこと Toaki が皆様を癒して差し上げたいところですが、わたくしも何気に忙しい(笑)

「何が幸せなのか?」
突然な題名で失礼いたしました。
昨夜のディスカバリーチャンネルで 「エクストリームボディー」 という番組を見ていました。
ここでいう  “エクストリームボディー”  とは 「人体の平均値とは大きくかけ離れた体」 を意味するそうです。
アメリカ国内の低身長の方が数名紹介してました。
みなさん、低身長というハンディキャップを持ちながら、とっても前向。背が低いだけではなく、脊柱側わん症、脊柱管狭窄などの問題も抱えている人が多いこと。
その中で手術によって骨を伸ばし、身長を伸ばしていくという少年が登場しました。
多分のこの治療法は日本では考えられない(というよりか多分NOという答えが病院から出るんだろうなと)方法で行われていました。
それは骨を人工的に骨折させ、骨を伸ばしていくという方法。
人間の身体の治癒力は考えられないほど神秘的。
どうやって伸ばすの?と思うでしょうね。それはとてつもなく苛酷で激痛を伴う治療でした。
人工的に施術で足の骨を(大腿骨)を折ります。そしてわざと折れた骨と骨の間をあける。
勿論、足にはいくつもの金具が刺さっているのです。 (いま思い出しただけでも痛くなる感覚になる) 外側のネジを回し少しずつ皮膚と骨を伸ばしていく治療。生まれてから十何歳まで4回の治療を受け続けた少年の強さには頭が下がります。
最初は親が子供ためにと言って受けさせた治療法でしょうが、その後はきっと少年の 「普通の少年の身体に近づきたい、よくなるという可能性にかけたい」 強い気持ちには賞賛に値する価値があります。

この番組を見ていて思ったこと。

「何が幸せなのか?」 という言葉です。

この治療をTVで見ていた人たちの中に「こんな残酷な治療・・・」 と思う方も多かったことでしょう。
でもそれを受けている当の本人はとっても幸せそうなのです。
激しい痛みに耐え、ほんの少しだけの身長の伸び、それでも少年はその治療に満足している。
自分がこうありたいという姿、希望があればその痛みさえも耐えうる幸せがその先に待っているという究極の選択を見たような気がします。
本当の幸せとは何か?何を持って幸せというのか?その幸せを感じるためだったらどんな困難、痛みにさえも耐えるのか?と色々と考えさせられた一夜でした。

2010/11/21

縁起

カテゴリー:個人的なつぶやき

今年も行って参りました、新宿にある花園神社の酉の市。
今年は二の酉までで、私どもが行ったのは二の酉の前夜祭18(木)でした。
思っていたよりも混んではいなかったかな。
きっと二の酉本祭の19(金)は混んだことでしょう。


↑ 弊社の社長&熊手

今年の熊手のテーマは 「フクロウ」 に決定!
中央にフクロウの熊手を見つけ、そのフクロウを別のものにお店の人が替えてくれた!
それも白いフクロウに替えてくれたのです!
フクロウは「不苦労・福朗」ともいわれ縁起のよいもの。
毎日、会社ではパンパンと手を合わせております(笑)
私どもかなり縁起を担ぐタイプでございます・・・。

2010/11/16

体重×0.08=皮膚の重さ

カテゴリー:お肌の話

こんにちは!ウービィー株式会社のToakiです。
今日はよいお天気ですが、寒くなってきましたね~。
この季節、女性も男性もそうですが肌の乾燥が気になり始めます。
湿気の多い季節に比べ冬はどうしても乾燥する。
汗もそんなにかかないので肌表面の水分&油分が足りなくなる季節でもあります。
今日は知っているようで知らない皮膚のはなし。

みなさん、皮膚の重さって知ってます?
知らないですよね~ (笑) 知らないのは当たり目です。
皮膚は身体の全表面を覆っています。
内部の諸器官を外部からの刺激、衝撃から保護するとともに、独自の生理機能を持って身体全体の調和に関係している器官なんです。
その表面積は日本人の場合、成人で平均して1.6㎡ですが、これは両乳とおへそを結んだ三角形の表面積のおよそ7倍とされています。皮膚は薄いながらも、表面積が広いので体重の約8%にもあたり、内臓の中で最も重い肝臓の約3倍にもなる!
いわば、 「皮膚は身体の最大の器官」 ということでしょうか。

それでは皮膚の厚さはどうなのか?

皮膚は表皮、皮下組織に分けられます。
表皮と真皮をあわせた厚さは平均すると約2mm程度で、部位によって、0.6mm~3mmと異なり、均一ではないのです。
最も厚い場所って分かります?

そう足の裏!(笑)

次いで手のひら、手足の指の腹面。
顔や胸に比べ後頭部、うなじ、背中も厚くなっていますよ。
反対に最も薄いのが?まぶた (約0.6mmくらい) で、口や鼻の周囲も薄い。
頬、額も1.1mm~1.5mmと薄く、肛門、外陰部 (///∇//) の皮膚も薄くなっています。股や脇では、伸側 (外側) のほうが屈側 (内側) に比べ厚い。つまり、外的刺激が多くかかるところが厚く、顔面のように繊細な動きをする部分は薄くなっているのです。
↑ 顔の皮膚が足の裏並に厚かったら強張って笑えないよね・・・。

さあ、あなたの皮膚の重さはどれくらいでしたか?
わたしは・・・・(- -)zzzzz

2010/11/15

薬剤師の禁煙日誌 おまけ

カテゴリー:健康・カラダの話

増田です。

薬剤師の禁煙日誌 総括です。

先日、11時から20時まで、立て続け4本の打合せがありました。
その間、1度もタバコを吸いたい!と思わずに過ごすことが
できました。
初めて、禁煙していて良かった!と思いました。
私の場合、禁煙による苦痛ばかりを感じて、なかなか禁煙のプラス
を感じられなかったのです。

そこで、今までに私が聞いていた禁煙に関するウワサを実体験から
検証して、薬剤師の禁煙日誌 総括としたいと思います。

検証1
『禁煙は意思の力だ!』
まず、禁煙はやはり辛い!ホントに薬物離脱は苦しい!
隔離してもらえるならともかく、「吸わない」を自力で実行するには、
やはり強い意思!というより、強いやめる理由が必要です。

薬とお医者さんは私にとってタバコをやめられる理由ではなく、
禁煙を考えるきっかけに過ぎなかったことをすぐに思い知りました。
タバコが吸いたい!を我慢する時間中、
「どうしてタバコをやめなければいけないのか」
という悪魔の囁きに苦しみました。
『なぜ私はタバコをやめなければいけないのか』
これをもっと真剣に考えて始めるべきだったと後悔しました。
タバコを我慢した自分を褒めるネタが欲しかった。。。

このきっかけが自分にとって重要であればあるほど、達成感を
感じられるので、禁煙しやすいはずです。
なるほど、最初に病院で書かされたシートがそう誘導してましたっけ。。。

検証2
『1日やめれば、やめられる』
これは『1日やめれば、禁煙を始められる』が正しいと思われます。
私の場合は、まず「1日やめる」を思い切るのがタイヘンでした。
『思い切る』=『やめる理由がはっきりしている』ということなので、
理由の弱い私には当然タイヘンだったわけです。
ようやく「1日やめ」ても、その維持も苦しい。
日を追うごとにタバコを思い出す回数も減り、吸いたいを我慢する
時間も減ります。
1日が2日になり3日になり1週間になり1ヶ月になること、
それが「やめられた」なのだと思います。

検証3
『タバコをやめると太る』
はい。1ヶ月で3㎏ほど太りました。
こんなことは、ここ10年なかったことです。
何故でしょう?
私は間食の習慣が全くないので、「タバコを吸う」の代替行為で
「食べ物を口に入れる」ことはありません。
検証4
『タバコをやめると食べ物が美味しくなる』
に繋がりますが、やめて2週間くらいのときに、
塩味を強く感じることがありましたが、食べ物が美味しくて
つい食べ過ぎてしまう ということもありませんでした。
お酒を呑むとタバコが吸いたいので、酒量も増えていないはずだし・・・
しかし、太ったということは、明らかにカロリーオーバーの食事を
していたということ。
禁煙するときは、禁欲ついでにダイエットプログラムを組むと
一石二鳥かもしれません。

次は、薬剤師のダイエット日誌かな。。。

2010/11/10

老後における心の支え

カテゴリー:メンタル

今日も快晴!
窓から入ってくる日差しがとても気持ちがいいです。
さて、本日のテーマは老後。
ところで老後って言われるのは何歳からなのか?ってこれを書きながら思ってしまったのですが、今まででいえば60歳くらいの年齢から老後という言葉を使っていましたが、今はどうなのでしょうか?
早まっているのか・・・はたまた70歳くらいからをいうのか・・・。人それぞれなのでようね。

» 続きを読む

2010/11/08

纏う香り

カテゴリー:香りの話

香を纏う

素敵な言葉です

その人をあまり覚えていなくとも

香だけはしっかりと覚えていたり・・・

» 続きを読む

2010/11/08

化粧の文化

カテゴリー:歴史・文化

毎日、お天気が良くて本当に気持ちがよい!
冬になったとはいえ紫外線はまだまだ出ております。
お出掛けの前には冬でも日焼け止め、肌の乾燥を極力防ぐために保湿効果の高いベースクリーム等も忘れずに

皆さん、お出かけ前にお化粧をする方は多いと思われます。(仕事など)
私も仕事では一応、お化粧は致します。しかし、オフの日には素の顔で過ごしております(笑)
本日は 「お化粧の文化」 を少しご紹介させていただきます。

» 続きを読む

2010/11/02

あなた自身のケア

カテゴリー:健康・カラダの話

今回は女性に向けての 「あなた自身のケア」 という内容でお届けします。

女性特有の生物学的昨日やリズム、つまり月経や受胎、妊娠や出産をつかさどる機能やリズムは、もともとバランスを乱しやすく、崩れやすいのです。
ストレスや過労、運動不足や休養不足 (私はしっかり休養してます!) おざなりな食事 (これは否定できない生活しています) や性的問題など、生活上のさまざまな要素が、諸器官の円滑な動きを混乱される可能性もあります。
そうした要素がホルモンのバランスを崩したり、免疫力を低下させたり、生殖器官の血液の循環を悪くしたり、緊張やうっ血の原因となったりすることがあり その結果、一連の婦人科の疾患を引き起こし、多くの女性を悩ませることになるのです。

» 続きを読む

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近のコメント