薬剤師の禁煙日誌その2 : ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ(記事一覧)

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2010/10/04

薬剤師の禁煙日誌その2

カテゴリー:健康・カラダの話

増田です。
さて禁煙日誌の2日目です。

朝食後に1錠飲みました。
昨日は19本でした。
1箱はどこにもいかない休みの日の平均本数です。
まだ薬の影響はどこにも感じられません。

続きはこちらから

この薬は
1~3日目 1日1回 0.5㎎錠を1錠
4~7日目 1日2回 0.5㎎錠を1錠ずつ
8日目~  1日2回 1㎎錠を1錠すつ
で、計12週間飲み続けます。

タバコは実は薬物に劣らない依存症状を起こす物質です。
ニコチンがニコチン受容体にくっつくと、かなりの快楽物質が放出されるのです。
体内からニコチン量が減ると、強いイライラ感、焦り、集中力低下などが起こります。
簡単に言うと、『タバコ吸いたい』で頭がいっぱいになってしまうのです。

これまでのニコチンガムやニコチンパッチはタバコと違うニコチンを体内に入れて、タバコを吸う習慣と決別する薬でした。
チャンピックスは、ニコチンと違う薬の成分がニコチン受容体に付き、少量の快楽物質を出します。
そこに、タバコによる大量のニコチンが入ってきても、受容体に空きはなく、何の変化も起こりません。
結果、ニコチンが(=タバコが)快楽を得られるものではないと脳に直接覚えさせる仕組みなのです。

という作用機所なので、最初の1週間は普通に喫煙が許されます。
いつから禁煙するかは自分で決め、実行します。
病院で宣誓書を書きました。そこには『10月9日から禁煙します』と書かれています・・・不安・・・

トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

«  |  »

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント