自分用の防災グッズ@女性編 : ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ(記事一覧)

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2012/02/07

自分用の防災グッズ@女性編

今日は冷たい雨が降り続きますね。
ブログ、本当にご無沙汰しておりました。
今年に入ってからどうも不整脈?と思う事が多く、嫌な感じだったのですが先週あたりからパタっと止まったもようです。
一日に何回も 「ドドドン」 みたいな脈を打っていたのに不思議ですね~。
ストレスのこれと言ってないですし、激しい運動もないですし、なんだったんだろう?って。
一応、症状は治まったのですが、病院で心電図やらレントゲンやらを撮影し今は大丈夫とのことでした。
またヒドくなった時に再診察。
そうそう、この不整脈ったら 「今年に入ってから地震があちこちで起きているせいじゃない?」 なんても言う人も。磁場を体で感じる私ってすごすぎる!(笑)

地震が頻発しているのって嫌ですよね。それも日本列島あちこちで地震が起きてるのを聞くと怖い。
昨年の 3.11 以降、防災グッズ等は購入したのですが、非常食の備えがあまりないことに気づきました。
また女性に必要なものも用意しておかなければなりませんよね。
女性は生理等がありますので下着はもちろんのこと、 「生理用のナプキン」 、 「普段使いのパンティーライナー」 、デリケートゾーンを清潔にする 「ノンアルコールのウェットテッシュ」 、そして 「携帯用のビデ」
こういうものを自分用の防災リックに入れておくと、いざとなった時に非常に便利で重宝するのです。
特にお風呂に入れない、下着の替えが少なく交換が出来ない、暑さなどが原因のデリケートゾーンのムレなど、人に話せない悩みが多く出てくるのも当たり前。
「携帯用ビデ」は本来、生理の終わりかけや、オリモノが気になる時に膣の中を洗浄するために使うモノで基本使いきり。
しかし、避難生活を要するような事態においては、、もう一つの便利な使い方もあるんです。
膣の洗浄もしかりですが、膣に入れず、トイレについているウォシュレットの要領で外側からかえ、デリケートゾーンを清潔に保つ使い方もあります。
これは生理中に限らず、デリケートゾーンを清潔に保つのは大変なことだからです。災害時は清潔な下着が圧倒的に不足しているのに、洗濯がしずらい環境という可能性が大。
もし洗濯が出来たとしても、男性や他の人の目が気になって干しづらい方もたくさんいらっしゃるでしょう。
さらに、3.11の震災のように水道が断たれるような甚大な災害時は、水は飲用優先になるので、下着の洗濯はもとより、入浴もままならない状況に置かれます。
そういう場合にこそ「携帯用ビデ」を洗浄用に使ってほしいのです。
お風呂に入れない等のムレなどの症状もありますが、ストレスや不安による免疫の低下で膣内の自浄作用が弱くなり、膣炎や膀胱炎にかかる、といった病気の面での心配も出てきます。
一度、発症すると治療等が必要になりますが、被災中は困難なので、そうなる前に出来る範囲のケアをすることが大切です。
そのためにも携帯用ビデはデリケートゾーンのケアなどには有効なアイテムなのだと思います。

最後に、
防災グッズなど、3.11以降たくさん作られ、売られいます。
中身を見ると、どれもほとんど変わらないものばかり。1人用~家族用まで様々です。
最低限必要なものばかりですが、家庭それぞれに必要なものが変わってきますので、プラスアルファで家族それぞれが自分に必要なモノを入れておく防災バックを用意していくことをお勧めします。
被災中は洗顔も歯磨きもままならないので、そういうモノも必要になってくるでしょうね。
ちなみにマウスウォッシュのような歯ブラシが無くとも口の中を衛生に保てます。ガムも用意しておいた方がいいでしょうね。
あとはメガネね!コンタクトの人は替え用のモノを一式必要です。
とりあえず3~1週間程度、しのげる常備グッズを用意してくこと、これが今の私たちに必要なことなのだと思います。
出来れば、このような災害用の防災グッズが使われることがないよう祈っています。

Toaki

トラックバックURL

コメント & トラックバック

防災グッズ、チェックリストの中身は人それぞれ
違ってきますよね。普段持ち歩くプチ防災ポーチも
作ってみました。いつもの暮らしの中でもあると助かる
ものが入っています。
避難所のあり方そのものを変えなくてはいけなせんね。
女性や子供が安心して暮らせるように、設営と運営に
は絶対女性がたくさん関わる必要があると思っています。
洗濯物を干す専用の場所を確保できたら改善されること
はたくさんあるはずです。
携帯ビデ、購入してみようと思います。

すんたんさま

すんたんさま、コメント投稿ありがとうございます。
すんたんさまのおっしゃる通り、市販の防災グッズの中身は女性・男性・子供関係なく同じものばかりです。
暮らしの中で使っている(必要な)ものはそれぞれの環境で違います。
女性には女性の悩み、男性には男性の悩み、そして子供がいらっしゃる家族の方など、それぞれ必要不可欠なものは市販の防災グッズにプラスしておくことが必要だと思っております。
これがあったら便利!というものも今後ご紹介していくように致します。
すんたんさんがおっしゃる通り、避難先のひと知恵、本当に必要な事だと思います。

«  |  »

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近のコメント