ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ 「とあきの365日(歩)?のマーチ!」

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2013年 12月のエントリー一覧

2013/12/17

静寂と空気感

カテゴリー:感性に触れる話, 未分類

寒くなりましたね。
冬だからしょうがないのですが・・・(苦笑)

私事ですが、若いころから神社まわりが好き。
何が好きかって?それは鳥居をくぐった瞬間から空気が変わるところ。
そして静寂。

あれば本当に不思議で、あの感覚は言葉に表せない。
ふと「これと同じ感覚を知っている」と思ったのが海の中。
若い頃、相当数潜ってきた私ですが、何度潜っても海の中の静けさは一瞬「怖い」と思わせる。
自分の吐く息の音だけの世界。(海上をボートや船などが通るとエンジン音でうるさいけど・・・笑)
そういう静寂に遭遇するとすごく神経が研ぎ澄まされるのです。
五感をフルに使う(使わざる負えない)感覚。
私の場合は視覚ではなく、耳(音)を使おうとするみたいです。あと肌。
この肌が感じる感覚って結構敏感。
古代の人たちはきっとすべての五感を使って沢山のものを感じてきたのかなって思うと考え深い。

Toaki

2013/12/11

チャンスをつかむ!

カテゴリー:未分類

チャンスはどうやってやってくるのでしょう?
来るのを待っている人もいれば、自分からつかみに行く人もいるでしょう。

つかみ取りに行くか?行かないかの?の 「差」 なんだと思います。

「チャンスの神様は前髪しかない」という言葉があります。
Καιρός、ラテン文字転写:Kairos、ラテン語形:Caerus は、ギリシア語で「機会(チャンス)」を意味する καιρός を神格化した男性神です。
元は「刻む」という意味の動詞に由来しているようです。
キオスの悲劇作家イオーンによれば、ゼウスの末子とされ、カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられます。
後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されてます。
「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」という意味になります。

来るのを待っていても「チャンス」がやってきた瞬間、目の前をあっという間に通り過ぎ、掴もうとしてももう掴むことが出来ないということです。
一番やっかいなのは目の前に向かってきているのにも関わらず、掴むことを躊躇し、結果的に掴めず 「後悔」 だけが後に残るだけという悔しい思いをするだけになります。
24時間365日、アンテナを張っているのは大変だから無理ですが、できるだけ自分のアンテナを張るようにするように心がけています。 

Toaki

2013年12月
« 11月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近のコメント