ウービィー株式会社 オフィスマネージャーブログ 「とあきの365日(歩)?のマーチ!」

「想い」を「形」に。女性だからこそ、できる企画がある

2014年8月をもって更新は終了しました。

2013年 1月のエントリー一覧

2013/01/23

包む@風呂敷の歴史

カテゴリー:歴史・文化

最近、「和」 のモノに反応してしまいます。
着物も年に数回は着たいなと思ってますがなかなかその機会がない。
しかし、時間は (機会は) 作ろうと思えば作れるので着たいと思っています。

風呂敷の世界も興味があり。
本当にたくんの風呂敷があります。
興味があるので歴史を少し調べてみました。

まず、包みモノのはじまりは奈良時代だそうです。
現在、季節や慶弔時の贈答品を包む時の祝儀は 「右包み」 、不祝儀には 「左包み」 で贈り、百貨店包装紙による包み作法も同様に行われています。
こうした包みの作法は元正天皇の養老3年 (719) 2月3日 「壬戌初令天下百姓右襟」(『続日本記』巻八) の法令が発せられ、諸民の左袵(さじん)を禁じ、すべて右袵 (うじん) に改めたことに起因します。
この法令によって左袵の風習は暫時なくなり、一般の和服は右袵による着装方法が取られるようになりました。右袵とは着用者の右前を下に、次に左前をその上に重ねる着装法であり、今日の婦人服の合せ方は左袵で、和装は男女とも右袵になります。
右袵が一般化すると、左袵は物事の逆様、つまり縁起の悪いことを意味するようになり、平常と異なる状態、すなわち死人は生きている人と区別して左袵に着せるようになりました。
こうした風習はやがて包みものの世界にも及び、陰陽道の生・死、吉・凶、晴・穢、清浄・不浄、右・左、奇数・偶数というような中国二元論的宇宙観ともあいまって、慶事包みは右包み、弔事包みは左包みに包む作法が普及したそうです。
現在、風呂敷や包み袱紗を使って贈りものをする時、例えば結納目録や婚礼内祝を包む紋付風呂敷は、結ばず平包みで右包みとし、香典や弔用供物は左包みにしています。実に1270年余に及ぶ包み方の伝統が今も継続していることになるのです。

歴史って事実に基づいているから勉強すると面白い!

Toaki

2013/01/18

発する言葉はその人を表す。

カテゴリー:名言集

みなさまこんにちは。
先日の雪は大丈夫でしたでしょうか?
ここ四ツ谷もかなりの雪でした。弊社ビルは3階建てでなんと外階段。
2階までは階段に屋根があるのですが2階から3階までは屋根がない!
なので雪かきが必要でかなりの重労働だったのです。
おかげで左腰を痛める羽目に・・・
でも道路わきには子供が作ったのであろう雪だるまがたくさんあり、何だか子供っていいなって思いました。

今日は人が発する言葉についての話を書きます。
『其の守りを失うものは其の辞屈す』 という言葉があります。
自分で守るべき操をうしなってしゃべっている人の言葉は、いつも卑下したところがあるという意味。 「易経」 の言葉です。 「声」 は、 「人」 なり、という言葉がありますがその音調、幅、音色、そういったものにその人の全存在があらわれる。

自分の信念を持っていない人が喋るとその声や、表情はとてもオドオドとしていて、聞いているほうは、何の感動も与えられないし、かえって同情すら覚えるケースがある。
そうならないためにも堂々と信念を持ってこれからも生きていきたいし、いかなる主義主張もその人の行動と結びつかなければ意味がないということがこの年齢になってやっと、はっきり分かったきた気がします。

Toaki

2013/01/09

たんぱく質のたくさん摂れる朝食を!

カテゴリー:健康・カラダの話

新年 明けまして おめでとうございます!
お休み明けの仕事はじめ、皆さま大丈夫だったでしょうか?
今回のお正月は遠出をせず、近場で中の良い友人たちと食事などを楽しんでおりました。
友人と言っても年齢差はまちまち、年上の方もいれば、年下の方もいるいという幅広い!
この歳になってたくさんの人とお知り合いになれるのは嬉しいことですね。

さて今日は「たんぱく質を取る食事にしましょう!」 というお話。
日本も西洋化がどんどこどんと進み、朝食等にパンなどを食べる人たちが多いですね。ちなみに私も小さいころからパン派 (朝からしっかり食べれない体だったのです)

さてさて、皆様の朝食はいつもどんなものを食べていますか?
朝食は特にたんぱく質を取るようにするとよいです。
たんぱく質は血糖値の上昇を緩やかに保ち、食欲を抑えて気分を安定させ、集中力も高めてくれます。
朝食をぬいたり、パンだけでたんぱく質を取らなかったりすると、血糖値が急降下するため、イライラして気分が不安定になったり、甘いものが食べたくなったりして、過食や肥満につながりやすくなりますので出来るだけたんぱく質の入った朝食を必ずとることをお勧めします。
なので・・・
伝統的な日本の朝食、焼き魚、卵焼き、納豆 (私は苦手だい!) 野菜のおひたし、お味噌汁にご飯は世界一栄養バランスのとれる朝食でもあるのです。
毎日でなくともよいから週に半分は,このような 「たんぱく質を取る食事」 をはじめるのはいかがですか?

Toaki

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント